テレクラ県庁所在地

テレクラ県庁所在地

かつて、『ロックンロール県庁所在地』という歌が世間を席巻しましたが、テレクラも、『テレクラ県庁所在地』という歌が一曲作れてしまう程度には全国展開しているコンテンツです。

かつて、店舗型のテレクラがメインだった時期には、すべての都道府県にテレクラを配置する、というような状況は難しかったと思いますが、無店舗型テレクラが登場して以降は、テレクラというのは「場所」という制約から逃れることになりました。

無店舗型テレクラ登場の最大の功績として、日本全国のあらゆる地域にいる人間が、「いつでも」「どこでも」テレクラで遊べるような環境を作ることになった、ということが挙げられるでしょう。

現在では、都市と地方におけるテレクラ格差はほとんどなくなったのではないかと思います。

テレクラもノマド化を経験した、というわけですね。

テレクラと方言女子の結合

地域密着型の無店舗テレクラの登場によって、地方在住のテレクラユーザーが、最寄りのセンターを利用することにより、近所に住む女性と出会える可能性を獲得した、というのはやはり革命的な出来事であったことは間違いありません。

しかし、無店舗テレクラの登場と、あらゆる地域にセンターが配置されているという状況は、都会から地方へ、というもう一つのルートをも提供していることを忘れてはなりません。

それは、「方言女子」という趣向と、地域密着型テレクラの結合というものを生み出しました。

博多弁や東北弁、関西弁など、全国には様々な方言があり、それらの方言を喋る方言女子には大きな需要があります。

本来であれば、ある特定の地域の女性の方言を聴くためには、実際にその土地を訪ねるか、上京してきている地方の女性と出会うか、方言を話す女性タレントなどの映像を見るか、という方法しかなかったのですが、無店舗テレクラは、ここに新たな一石を投じたことになります。

無店舗テレクラによる地域の拡大は、いわば、テレクラによる村おこしといってもいいかもしれません。

最寄りの女性と話すのもいいですが、地方の名産品のような女性との方言ツーショット、方言テレフォンセックスを楽しむことも、現代テレクラが生んだ新たな楽しみ方といえるでしょう。

テレクラ県庁所在地へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ