【悲報】テレクラ体験談、リンリンハウスのテレクラ撤退が相次ぐ理由

テレクラの体験談を語る前にテレクラ大手のリンリンハウスの撤退が相次いでいるのはご存知だろうか。俺が若かった頃はテレクラ全盛期。当時はテレクラに通ってはテレホンセックスをしたり女の子と出かけたものだ。そんなテレクラも時代と共に衰退。ついにはリンリンハウスもその店舗が続々と撤退を始めた。最近では大阪十三店の閉店。埼玉春日部店はリニューアルオープンもこの先どうなってしまうのか・・・撤退の理由を見てみよう。

テレクラ大手のリンリンハウス、相次ぐ撤退

なぜアレほどまでに爆発的人気を誇ったテレクラの立役者、リンリンハウスが撤退しなければならないのか。その理由はいくつか考えられるのだが、一つはインターネットカフェの普及だ。インターネットカフェは名前の通りネットをしたりDVDを鑑賞したり出来るのだが、リンリンハウスでも同じようなシステムを導入。電話が置いてある点以外での差別化が計れず、ネットカフェに集客数で負けている。

二つ目はツーショットダイヤルブームによりテレクラ店舗に足を運ぶ人も少なくなっている。俺も昔はテレクラを使っていたが確かに今は何処でも使えるツーショットダイヤルに頼っている。リンリンハウスに行ってもDVDを見るだけで終わるなんて事もザラだ。鳴らない電話を待つよりも家にいながらいつでも繋がるツーショットダイヤルを使うほうが効率が良い。

コレが大手テレクラ店のリンリンハウス撤退の理由なのだ。

ツーショットダイヤルを使っていれば時間も金も無駄になることは決して無い。テレクラに通う思いをすればツーショットダイヤルを使って女の子を捜す、というのが賢い出会いのあり方では無いだろうか。

【悲報】テレクラ体験談、リンリンハウスのテレクラ撤退が相次ぐ理由へのコメント

「【悲報】テレクラ体験談、リンリンハウスのテレクラ撤退が相次ぐ理由」への2 件のコメント

  • 名無し より:

    こうやって大手が閉店していくということは、
    時代とともにテレクラサイトに移行してイクのでしょうね・・・

    少し寂しいものです。

  • 埼玉県民 より:

    埼玉では9月で多くのリンリンハウスが閉店して本当に残念な思いです・・・

コメントを投稿




他の記事へ