テレクラでは「声」がルックスになる

テレクラでは「声」がルックスになる

テレクラで「出会い」に到達しやすい人に共通しているのは「声に魅力がある」ということです。

ここで「自分の声は醜いから」とか「声なんて生まれつきのものだから」と諦めてしまう人もいるかもしれませんが、そういう人でも「声」を魅力的にすることはできます。

なんといっても、「声」というのは、魅力的な「顔」をつくるよりはずっと簡単だからです。

「声」を魅力的にする方法というのは、たとえば、演劇のレッスンなどでは、基礎的なトレーニングが、テクニカルなものとして理論としても存在しています。

「声」というのは練習して鍛え上げることが可能なものと考えましょう。

演劇におけるほどの本格的な発声のトレーニングは必要ありませんが、ちょっとした心構えやテクニックで魅力的に輝くのが「声」ですから、「声」を少しでも魅力的にする努力を怠るということは、出会いへの努力を怠るということに等しいのです。

声の雰囲気イケメンを目指そう

テレクラで、受話器を受け取ったときに、話し相手の女性の「声」に魅力がなかったら、ガッカリするのではないでしょうか。

それは、受話器を受け取るこちら側だけではなく、相手の女性側も感じ取っていることである、ということを知るべきでしょう。

そもそも「出会いたい」というときに、テレクラでは「声」だけで判断するのですから、「声」というのは、テレクラにおいては「顔」以上にルックスの役割を果たすのです。

ルックスがそこそこの男性でも、テレクラでは女性と出会うことができます。

そのためには、相手と繋がった第一声の段階から、相手の女性に「いいな」と思われる声を出していく必要があります。

「声」は「顔」だ、というより、「声」は、テレクラにおける「身だしなみの清潔感」と考えた方が、しっくりくるかもしれませんね。

相手にとって聞き取りやすい、汚くない喋り方で話しかけられるかどうか、という心構え一つで、相手に与える「声」の印象は劇的に変わります。

「雰囲気イケメン」という言葉がありますが、テレクラにおいてこそこのような言葉がふさわしいと思います。

テレクラでは、「声」の「雰囲気イケメン」が出会いの現場を制するのです。

テレクラでは「声」がルックスになるへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ