テレクラで目的意識を持つメリット

テレクラで目的意識を持つメリット

テレクラの場においては、テレクラを楽しむ心が何より重要であると同時に、同じくらい重要になってくるのは、自分がどのような目的を持ってテレクラを利用しているのか、という意識です。

もちろん、目的意識が強くなりすぎると、目的のためにガツガツとしすぎて相手に対する配慮が欠けた会話になってしまうというのも事実。

ですから、結局のところ、重要なのは、「テレクラを楽しむ」という心を常に保ちながら「目的意識」をはっきりと持つ、ということのバランスになってくると思います。

テレクラで目的意識を持つということは、テレクラを利用する時間を有効に使うということと同義になります。

目的意識を持たないでテレクラを利用した場合、女性からの質問に対して曖昧な返事を返すことしかできません。

たとえば、目的意識が浅く、「暇だったからなんとなくテレクラ」なんて答えてしまった場合、「出会いたいんだよね」という明確な目的を持つ一言を放てなかったがために、出会いのチャンスを逃すということは、往々にしてよくあることです。

また、目的が明確であるということは、「この女性との会話を長引かせるかどうか」という判断基準が明確であるということでもあります。

テレクラの楽しみと目的は繋がっている

テレフォンセックスがしたい女性との会話をテレフォンセックスという目的とともに行うのはいくらでも時間を長引かせたいものですが、出会いを求めている人間にとっては、テレフォンセックスの時間が長引きすぎるのは考えものです。

繋がる相手は一体どんな人間なのだろう、ということは、女性の側でも同じことです。
そのときに、自分を「謎」の存在として、目的が不明な存在として話しているうちは、相手の女性に不信感を与えるばかりで、それは「楽しいテレクラ」から遠のいていく道であるともいえます。

目的意識に縛られすぎるのも考えものですが、目的がなさすぎるというのも問題なのです。

自分の目的に向かって、その過程を楽しむときに、テレクラは「楽しい」ものになるわけですし、テレクラをそのように楽しんだ人間は、テレクラで達しようと思っていた目的を達成する道を見つけ出すのです。

テレクラで目的意識を持つメリットへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ