テレクラの二刀流になろう

スマートフォンの普及によって、テレクラは大きな変化を経験することになりました。

テレクラがこうむった変化のなかで、最も大きかったのは、やはり「無店舗型テレクラ」というテレクラのあり方がメインになったことでしょう。

いまでは、テレクラという言葉が「店舗型テレクラ」ではなく「無店舗型テレクラ」を指すことのほうが多い、という転倒した、やや錯綜した状況があるのも確かだと思います。

無店舗型テレクラの、「時間と場所を問わない」という時空間の解放は、たしかにテレクラにおける革命的な出来事だったと思います。

しかし、店舗型テレクラの、時間と場所が制限されている、という状況にも、多くの魅力があります。

店舗型テレクラはなくなったのか、というと、完全に火が消えたわけではなく、現在でも店舗型テレクラは頑然として存在し、ユーザーのニーズにしっかり応えてもいます。

テレクラ巌流島

無店舗型テレクラと店舗型テレクラを併用することによって、「出会い」のチャンスは増えます。

また、店舗型テレクラというオーセンティックなテレクラ遊びの方法論を実体験として学ぶことは、無店舗型テレクラで遊ぶときのテクニックへとフィードバックしていきます。

当然、無店舗型テレクラでの経験を、店舗型テレクラで活かすことも可能です。

店舗型、無店舗型、それぞれのテレクラを利用してみるのが、それぞれのテレクラのメリットや特性を知るための最も手っ取り早い手段であることも言うまでもないことでしょう。

テレフォンセックスの楽しみ方も、店舗型テレクラと無店舗型テレクラでは微細な違いがあるので、それぞれの楽しみをくまなく味わうことをオススメします。

店舗型テレクラ、無店舗型テレクラを自由自在に使いこなすテレクラユーザーのことを、私は「テレクラサムライの二刀流」と呼んでいます。

二刀流の剣士は、つねに二本の刀で戦うわけではなく、ときには一刀流、時には二刀流と状況にあわせておのれの剣法を選びながら勝利を勝ち取るのです。

テレクラも、店舗型、無店舗型、それぞれを状況に応じて、あるいは同時に使うことによって、限りなくその成功体験への可能性を広げていくのです。

テレクラの二刀流になろうへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ