テレクラの出会い成功率やテレフォンセックスの快楽を支える基盤

テレクラの出会い成功率やテレフォンセックスの快楽を支える基盤

テレクラの利用者は、大きく「出会い派」と「テレフォンセックス派」にわかれるのですが、「実際に女性と出会ってセックスに持ち込む」ことを目的としている「出会い派」と、「受話器越しに姿の見えない女性とテレフォンセックスを楽しむ」ことを目的としている「テレホンセックス派」は、同じテレクラユーザーでありながら、水と油のように相反する関係にあります。

テレクラというのは、そもそもの始まりはテレフォンセックスという遊び方がどちらかというと優位で、それが先行していた場所でした。

ですが、「出会い」のツールとしてのテレクラの有用性が広く知られるようになり、多くの人にテレクラが使われはじめるやいなや、「主流」としての遊び方は出会いが取って代わることとなりました。

初期の個室型テレクラでは、出会い目的のユーザーとテレフォンセックス目的のユーザーが玉石混交の状態で入り混じっている状態が長く続きました。

出会いを目的にしているのにテレフォンセックス希望のユーザーとつながったり、また逆にテレフォンセックスをプレイしようとしたら出会い目的のユーザーだったりと、「目的のミスマッチ」が起こりやすいのが初期のテレクラの特徴であったと思います。

このような初期のテレクラの行き違いから「水と油」である目的を持ったテレクラユーザーは、自分とは違う目的をもったテレクラユーザーとの回線をどこか疎ましいものとして感じ、目的にそぐわない回線が繋がることをなるべく避けたいと考えていた傾向がありました。

なかには、出会いもテレフォンセックスも同等に好み、テレフォンセックスをプレイしてから出会ったりだとか、出会い目的で利用していてもテレフォンセックス希望の相手とつながったら相手にあわせてテレフォンセックスをプレイしたりする臨機応変なテレクラユーザーもいましたが、それは全体から見るとやはり少数でした。

現在の無店舗型テレクラの時代においては、出会いを目的にしているユーザーは出会いに特化したテレクラを、テレフォンセックスを目的にしているユーザーはテレフォンセックスに特化したテレクラをと、自分の目的にあったテレクラを自由に選ぶことができます。

この住み分けは、初期のテレクラにおける「水と油」の状況を解決するために生まれた改善案であり、現在、無店舗型テレクラを使うユーザーは、初期のテレクラユーザーにとっては悩みのタネであった「目的のミスマッチ」に遭遇する確率はかなり少なくなっているのですし、自分で減らすことができます。

必ずしも自分の目的通りにいかない、という偶然性を何よりも好み、出会いもテレフォンセックスもすべて受け入れて楽しもうとするテレクラユーザーからは、この住み分けはあまりに効率的すぎるのではないか、という反発もあるようですが、悲しいかな少数派の意見でしかないので、出会いとテレフォンセックスの住み分けが覆されるということはないでしょう。

相反する出会いとテレフォンセックスに共通する初期の重要な心構え

さて、出会いとテレフォンセックスという目的は「水と油」であり、その利用内容にかなり相反する要素が含まれています。

出会いには出会いの、テレフォンセックスにはテレフォンセックスの攻略法のようなものがあり、一方の攻略法はもう一方に適応できない仕組みになっているのですが、かといって、ふたつの利用方法のあいだに共通する攻略法がまったくないというわけではありません。

といっても、それが攻略法といえるかどうかはわかりません。それは、攻略法と呼ぶにはあまりにも「あたりまえ」すぎることだからです。それは、攻略法というより、「初心者の心構え」と言い換えたほうがいいのかもしれません。では、その心構えとはなにか。

それは、(あくまで目的に応じてですが)「利用する前にある程度、どういう話をするかを考えておく」ということです。

出会い目的にせよ、テレフォンセックス目的にせよ、女性のほうから会話をリードしてくれるということはほとんどありません。

なかには、出会いもテレフォンセックスも目的とはしておらず、ただ世間話がしたいと考えているだけの女性がいて、そういった女性は、ただひたすらに自分の話を聞いてほしく、会話を引き伸ばすことだけを考えているので、会話をリードしてくれる傾向がありますが、そのような女性に会話をリードされた場合、出会いにもテレフォンセックスにもたどりつくことはできません。

こういった女性と同様に、テレクラを使って「世間話」を楽しむ、という目的を持っているのであれば何の問題もないのですが、もし、出会いやテレフォンセックスを目的としているのであれば、こういった「世間話」タイプの回線をしっかりと断るテクニックも必要で、それは「利用前にどういう話をするか考えておく」という心構えのなかに含まれているものだと思います。

出会い目的のテレクラ利用の第一声が「こんにちは!セックスしませんか?」だと、あまりにも直接的すぎてよくありません。テレフォンセックス目的の場合でも、開口一番「濡れてるんでしょ?とんでもない変態女だな」などと言ったら、相手の女性が面食らいます。

出会いにせよ、テレフォンセックスにせよ、「肝心の話」に突入するまでに、多少の「世間話」が必要となるのです。この会話の入り口としての「世間話」の引き出しをどの程度用意していて、かつ、いいタイミングで切り上げて本題に突入するテクニックがあるかが、出会いやテレフォンセックスを成功させる鍵となります。

なにも用意しなくても引き出しがポンポンあけられて、どんな女性と繋がっても当意即妙に対応でき、会話をリードし、自分の目的を切り出せる、という地点に到達するためには、ある程度の経験が必要となります。

その「ある程度の経験」を獲得して、テレクラの手応えを掴んでいくために、はじめは「利用前にどういう話をするか考えておく」という方法がもっとも有効なのです。

もちろん、この「心構え」でしかない攻略法は、初心者むけの「心構え」であって、テレクラ中級者以降からは「利用前に決めていた話題を積極的に捨て去り、即興的に振る舞う」というフェイズに突入し、面白さが加速していくことになるのですが、その段階に入るのはそう簡単なことではありません。

まずは、焦らずに、用意した話題から会話を構築していくことを楽しみ、自分の目的に接近していくことを考えたほうがよいでしょう。

初期段階の「心構え」を地道に行い、テレクラの感覚を掴みながら身体に覚え込ませていく時間が、後々、ある地点からの即アポ成功率や、テレフォンセックスの快楽指数の上昇を支えてくれる基盤となるのです。

テレクラの出会い成功率やテレフォンセックスの快楽を支える基盤へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ