テレクラを冷静な判断で淡々と利用する楽しさについて

テレクラを冷静な判断で淡々と利用する楽しさについて

「テレクラを使えば素人女性とセックスができる!というのは本当だろうか?」と聞かれたら、「本当です」と答えることになるでしょう。

ただし、「それはタダマンか?」と聞かれたならば「必ずしもそうではない」と答えなければなりません。

また、素人女性という言葉を「若くてかわいい女の子」という意味で使っているのであれば、少しばかり注意が必要です。

素人女性というものをそういった言葉として捉えている人に対しては、テレクラを使えば素人女性とセックスができるが、その素人女性は必ずしも若くてかわいい女の子ではない、と釘をさす必要があります。

これはしかし、テレクラには「若くてかわいい女の子」である「素人女性」が一人もいない、ということを意味しません。数は多くはありませんが、テレクラには、「若くてかわいい女の子」に属する「素人女性」も確かに存在します。

「テレクラを使えば素人女性とセックスができる」というのは事実ではあるのですが、この事実を受け入れていくにあたって、前述したような様々な前提を無視することはできません。

これらの前提を知らずに、「テレクラを使えば若くてかわいい女の子であるところの素人女子とタダマンができるのだ」と考えてテレクラを利用した場合、テレクラというものに失望することになるでしょう。失望するような大きすぎる期待を抱くのは、あまり好ましいことではありません。

大きな喜びや、予想以上の出来事もないかわりに極端な失望もないが、それなりに満足のいくセックスはある。この程度に距離を置いた平坦な判断でテレクラを利用できれば、テレクラというものを使って出会いやセックスを楽しむことは十分に可能であると思います。

「テレクラなんてダメだ、あんなのはクソだ」という人は、おそらく、テレクラに対する「期待」のハードルを高く設定しすぎて、その自分が掲げたハードルと現実の落差に動揺して、そのように言うのでしょう。

ですが、テレクラというもののハードルを高く設定するのでもなく、また、必要以上に低くするのでもなく、適切な位置に設定できた人であれば、「テレクラはダメでもクソでもないが、かといって最高に素晴らしくこれ以上は考えられないというものでもない」というふうにして、淡々とテレクラ遊びが続けられるはずです。

まずは、「若くてかわいい女の子」ではない「素人女性」とはなにか、ということです。

これは、言葉をそのままひっくり返した組み合わせで説明することができます。テレクラを利用する「素人女性」は、「1.若くてかわいい女性」「2.若くはないがかわいい女性」「3.若いけれどもかわいくはない女性」「4.若くもないしかわいくもない女性」の四つに分類されます。

テレクラを利用する「素人女性」の割合は、1がもっとも少なく4がもっとも多いでしょう。

「テレクラを使えば素人女性とセックスができる」という言葉は、3と4の素人女性との性行為も含まれたうえで使われているということを念頭に置かなければなりません。

テレクラに失望してしまうタイプは、ここを度外視して、テレクラという場所には1か2の素人女性しかいない、と考えがちです。その結果、「テレクラはダメだ。セックスできたけど、3か4みたいな女ばっかりだった」といって、テレクラを否定することになるわけです。

しかし、はじめから3と4の素人女性の存在を知っているテレクラユーザーであれば、「今日の即ハメは3(あるいは4)だったけど、これはテレクラでは普通のことだ。時々2がいるし、運が良ければ1もある」と考えて、テレクラをこきおろすようなことはしません。

テレクラの現状を把握して派手ではない遊び方をすると意外と楽しい

続いて「タダマン」ですが、テレクラにおけるセックスというのは、金銭が発生する場合がほとんどです。援助交際の温床であったころからテレクラというのは「金銭ありきで性をやりとりする環境」であり、その流れは、女子高生による援助交際が落ち着いてほぼなくなった現在においても継続されています。

テレクラは、こういった「金銭ありきで肉体を提供する」ことを生業とする割り切り女性が多く利用しています。もし、テレクラでタダマンをしたいのであれば、こういった割り切り女性との回線を見抜き、金銭による性交渉を断っていく必要があります。

ちなみに、1と2に属する素人女性は、テレクラにおける自分の相対的な価値を知っているので、割り切り女性である可能性が高いです。ですから、1のような「若くてかわいい女の子」と「タダマン」をするのはかなり難しいと考えなければなりません。

ですが、逆に考えると、お金さえ払えば「若くてかわいい女の子」とのセックスが簡単にできてしまうということでもあります。「タダマン」にこだわらなければ、「テレクラで素人女性(若くてかわいい女の子)とセックスすること」は十分に可能です。

ちなみに、3や4の女性が割り切り女性ではないか、というとそうではありません。大抵において、3や4の女性も割り切り女性である場合が多いです。

お金を払って3や4の素人女性とセックスをするというのが、一般的テレクラユーザーの平均的テレクラライフであるということはあまり知られていません。

割り切り女性でない、とわかったら、若さやルックスのことはひとまず忘れて、「タダマン」を目指して口説く。

金銭を支払うのであれば、3や4の割り切り女性を回避して、なるべく1や2などの割り切り女性との交渉に限定する。これが、テレクラ利用の基本であり「テレクラを使えば素人女性とセックスができる」という言葉の実態です。

この基本と実態をしっかりと把握した状態でテレクラ利用を行えば、ひとまずセックスはできます。男性器を女性期に挿入することを好む男性であれば、性的な不満が解消できないということはないでしょう。

そのうえで、戦略を練れば、かなり確率は低くなりますが、1や2の女性との「タダマン」もマレにできます。これは、根気強くテレクラを利用しつづけてきたテレクラユーザーの男性に与えられるご褒美です。

このように書くとテレクラにはあまり魅力がないと感じられるかもしれませんが、こういった把握をした上で相手をしっかり見極めながら戦略的に出会い交渉をしかけていく淡々としたテレクラ利用は思いのほか楽しいものなのです。

テレクラを冷静な判断で淡々と利用する楽しさについてへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ