テレクラ女性との会話はあくまでもセックスのための滑走路でしかない

テレクラ女性との会話はあくまでもセックスのための滑走路でしかない

テレクラにおいては「自分が何を話すか」ということと同じか、それ以上に、「回線がつながった女性の言葉をしっかりと聞く」ということ、そして、「相手の言葉に応えること」が重要になってきます。

むしろ、「自分が何を話すか」は、回線に繋がったテレクラ女性の言葉をよく聞き、それに一つ一つしっかりと応対しながら会話のなかで見出していくのがいいのではないかと思います。

テレクラにおいては、「自分の話」など二の次だと考えたほうがいいでしょう。「そもそも、話すべき自分のことなど何一つないのだ」くらいの「私」を捨てた態度で臨んだほうが、出会い目的で利用するテレクラではうまくいきます。

かといって、これは「ただただ相手の言葉を待ち続けて沈黙をしろ」ということではありません。

自分からは何もいわず、ジッと黙り込み、女性の発言だけをひたすら求めるという受け身の態度は、相手の女性に対するプレッシャーともなりますし、また、「この人と話していてもぜんぜん楽しくないな」という感覚を与えることにもなります。

出会い目的でテレクラを利用する男性に求められているのは、「自分を捨てて相手を楽しませる」という基本姿勢です。

そして、その基本姿勢は、「相手の話を引き出し、引き出された相手の言葉をよく聞き、その相手の言葉を引き受けた返答で会話を盛り上げていく」という、テレクラの攻略法へとつながっているものなのです。

出会い目的のテレクラ利用においては、最終目的が「セックス」であることを忘れてはいけません。「セックス」のためなら、何だって我慢するし、いくらでも自分を変更してみせる、という忍耐と臨機応変さこそがテレクラで成功するための鍵となります。

たとえば、テレクラ女性が、自分とは違った政治思想を持っていたり、許しがたい政党を支持していたりする場合のことを考えてみましょう。

このとき、その話し相手が男性であったりとか、もし女性であっても「セックス」を最終目的としていないのであれば、自分と違った政治思想の持ち主とは対立や議論、あるいは、断絶や全面的否定や黙殺などを避けることができないでしょう。

ですが、これがテレクラであった場合、「この人の政治思想は自分とはまるで違っているし間違いだらけだな」と思ったとしても、それを訂正したり、議論に発展させたり、思想が違うからという理由で相手の人格を全面的に否定したりする(これは、テレクラでなくても避けたほうがよいですが)ような行為は避けなければなりません。

なぜなら、そんなことをしても相手の女性とはセックスができないからです。不毛な議論や不要な対立は出会いを遠ざけるばかりでしょう。

テレクラという場所を、議論を激化させ、自分とは違う立場の人間との対話を重ねて自分自身の知見や思考の幅を広げていくという目的で使っているならばそれもアリかもしれませんが、あくまでも目的はセックスなのです。

ですから、このように、テレクラ女性がもし自分とは違う政治思想などを語ってきた場合、テレクラを利用する男性は、「自分の考えや立場」というものをカッコにくくって捨て去り、テレクラ女性の意見に全面的に寄り添い、それを肯定し、共感と理解をしめし、その話題を膨らませて会話をどんどん盛り上げていくのがベストの選択です。

自分のこだわりを殺しテレクラ女性に同調してセックスにたどりつく

話をわかりやすくするために「対立」が起こりやすい政治思想というものを持ち出しましたが、これは、たとえば「食べ物の好み」や「映画・音楽・漫画・文学などの文化的な趣味性」などにあてはめても話は同じです。

出会いとセックスを目的としたテレクラ利用においては、テレクラ女性の思想、趣味嗜好などを批判することは「悪手」でしかありません。

なにか一言でも、女性のパーソナルな部分にまつわることで苦言を呈そうとする自分が顔を出しそうになったならば、その「私」の顔をおさえつけて自分を殺さなければなりません。

そして、テレクラ女性と会話するためだけにこしらえた「仮面」をかぶり、テレクラ女性に同調していく態度を見せていく必要があります。

「自分」に対するこだわりが強い人には、この「仮面」をかぶる作業、相手の女性の発言にひたすら合わせて自分をどんどん変化させていくという方法が、どうにも耐え難いものに感じられるかもしれません。

ですが、「仮面」をかぶり、その「仮面」による演技で相手の女性を楽しませることができれば、セックスができる可能性が高まるのですから、その程度の我慢と「自分殺し」は、それほどの苦行ではないはずです。

極論を言ってしまうと、テレクラの女性の話すことの「内容」などは、自分が話すことの「内容」と同様に「まったくどうでもいいもの」なのです。

その「まったくどうでもいいもの」である「内容」に対して、あまり真剣に向き合ったり、細かい部分でつっかかったりすることにはまるで意味がありません。

「まったくどうでもいいもの」に対して「まったくどうでもいいような自分」が相手をして、「まったくどうでもいい会話」をした末に、「何よりも重要な目的」である「セックス」にたどりつく。

この割り切った態度を貫徹することこそが、出会い目的のテレクラで、効率的かつ確実にセックスを成功させる秘訣であることはまず間違いありません。

テレクラ女性との会話はあくまでもセックスのための滑走路でしかないへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ