日本全国にセフレを作れるのが無店舗型テレクラの強み

日本全国にセフレを作れるのが無店舗型テレクラの強み

無店舗型テレクラを利用するのであれば、地域性を思う存分に活かした使い方をするのもありでしょう。

無店舗型テレクラには「センター」と呼ばれる、都道府県別の電話番号が用意されており、基本的には自分の居住区にもっとも近いセンターに登録してテレクラを利用することになります。

最寄りのセンターを利用することで、自分の近所に住んでいるテレクラユーザーの女性と出会える、というのが無店舗型テレクラの強みであるわけです。

ですが、「センター」の使い方は、この「最寄りのテレクラ女性と出会う」という使い方に限定されるものではありません。

都道府県ごとに「センター」が用意されており、「いつでも、どこでも」利用ができるという特性を活かさず、馬鹿正直に自分の居住区にだけとどめるのは少しばかりもったいないと言わざるをえません。

たとえば、出張や個人的な旅行などで、自分の居住区以外の土地に出かけたときに、その土地の無店舗型テレクラの「センター」に登録すれば訪問先の土地全体がテレクラに変貌し、その土地に住むテレクラ女性たちとの出会いのチャンスが芽生えます。

もちろん、出張や旅行などが先行するのでなく、「テレクラ利用」が先行しているのもアリだと思います。

たとえば「宮崎」の女性と一回もセックスをしたことがないまま一生を終えるのはどうなのだろう、と考えたならば、「宮崎のテレクラ女性」とセックスすることを目的にしたセックス旅行のプランなどをたててみるのはいかがでしょうか。

そんなふうに、全国のまだ見ぬテレクラ女性に即アポをしかけ、ご当地即ハメを繰り広げていく、というのは、ひとつの趣味としてなかなか楽しいのではないかと思います。

また大手のテレクラとなりますと、一つの県内に複数の「センター」を持つこともあります。とくに、大阪などの大都市であれば、「センター」の数は膨大な数にのぼります。

これらの一つの県内のすべての「センター」に登録し、県内をくまなく移動しながらセックスを敢行すれば、一つの県に対する理解を、テレクラセックスを通して深めることができます。

無店舗型テレクラの地域別の「センター」はそういったセックス行脚を可能にするものでもあるのです。じつに遊びがいがあるではないですか!

テレフォンセックスと地域別センターの相性のよさを見逃さない

他の都道府県のテレクラ女性とセックスがしたいが、その交通費を捻出するほどの余裕がないというときは、いよいよ、とうとうテレフォンセックスの出番ということにもなるでしょう。

テレフォンセックスという遊びは、無店舗型テレクラの地域別センターという機能の登場を待っていたのではないか、と思わされるほど、無店舗型テレクラの「センター」と相性がいいものです。

無店舗型テレクラを利用して行うテレフォンセックスの最大のメリットは、シコりたいときに自宅にいながらいつでもテレフォンセックスができるということにつきます。

この「自宅にいながらいつでも、どこでも」は、無店舗型テレクラの「センター」の機能と組み合わさることによって、「いつでも、どこでも、どこまでも」というものに変化します。

テレフォンセックスの相手は、自分の居住区から近い人でなければならない、という特別な理由を持ちません。

もちろん、テレフォンセックスのあとにそのテレクラ女性に出会い交渉をしかけてリアルセックスに持ち込みたい、という目的があるのであれば話は別ですが、テレフォンセックスだけに限定するならば、登録する「センター」は日本全国のどこを選んでも問題なくテレフォンセックスをプレイすることができます。

「方言萌え」という属性を持っているテレクラユーザーにとっては、この遠方テレフォンセックスはそれほど目新しいプレイではありません。

たとえば、私の場合は博多弁が好きなので、福岡の「センター」に登録をしてご当地のテレクラ女性とのツーショットダイヤルを楽しんでいます。博多弁の女性と話しているだけでも多幸感に包まれるので、テレフォンセックスをしない場合がほとんどではあるのですが。

ちなみに、遠方テレフォンセックスで気に入った遠方の女性とセックスがしたいというのであれば、出会い交渉をしかけて、セックス旅行に出かけて、現地で即ハメをすることもできます。

このように考えていくと、最寄りの「センター」だけにこだわって、ご近所のテレクラ女性だけにアプローチをしかけるというのは、いささか視野が狭いように感じられます。

無店舗型テレクラの「センター」の活用は意外と行われていません。ほんの少し地図を広げ、遠方の「センター」に登録し、そこに足を伸ばすだけで、全国各地にセフレが作れてしまうにも関わらず、それをしないということが私には不思議でなりません。

もちろん、私が今回提示したようなものではない「センター」の活用法というのは、まだまだ思いもよらぬやり方でたくさん編み出せるはずです。

テレクラというものにマンネリを感じていて、最寄りの「センター」に限界を感じているなどの事情があるならば、気分転換に、自分の居住区以外のセンターの活用法を考えてみると、テレクラライフはより彩り豊かでエロチックなものになるのではないでしょうか。

日本全国にセフレを作れるのが無店舗型テレクラの強みへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ