話し言葉の特徴を活かしてテレクラで素人女性と出会う

話し言葉の特徴を活かしてテレクラで素人女性と出会う

テレクラというのは「話し言葉」のみで女性とやりとりをするツールです。

メールや掲示板の書き込みといった「書き言葉」を出発地点として女性とのやり取りをしなければならない出会い系サイトなどの出会いツールと、テレクラという出会いツールの決定的な違いがまさにここにあるということは、まず間違いありません。

「話し言葉からコミュニケーションが開始され、話し言葉のみでコミュニケーションが進行していく」という出会いのツールはテレクラだけです。

このテレクラにとっての最大の特徴は、同時に、テレクラにとっては最大の強みであるということができるでしょう。

そして、「最大の特徴であり強み」であるこの部分にこそ、テレクラを利用して素人女性と出会うための攻略の鍵が隠されてもいるのです。

また、店舗型テレクラの衰退とあわせて訪れた出会い系サイトの台頭によって一度は終わったものとして扱われることになったテレクラというものが、無店舗型テレクラという新しいありかたで復活することで出会いのツールとしての注目を再び集めつつある理由も、ここにあると考えてよいのではないでしょうか。

テレクラを使って素人女性と出会うための方法を考えるならば、「話し言葉」の利点や弱点について考え、利点についてはそれを活かし、弱点についてはそれを踏まえたうえで失敗を回避していかなければなりません。

「話し言葉」の利点でもあり弱点でもある特徴としては、「瞬間的」であるということが挙げられるのではないかと思います。

発話するたびに、その場その場で言葉が「音」として立ち現れて、その「音」が出た直後には、焼石のうえで水が蒸発するかのように言葉が過ぎ去って消えている、という「残らなさ」は、「話し言葉」の非常に重要な特徴の一つでしょう。

この「言葉が形としては残らない」「瞬間的である」という「話し言葉」の特徴は、テレクラを利用するうえで絶対に抑えておくべきポイントであり、ここを理解していない場合、「話し言葉」の利点ではなく弱点にからめとられ、出会いに失敗することになるでしょう。

「話し言葉」の「残らなさ」「瞬間的」といった特徴が、利点として機能する場合、それは「やりとりの迅速さ」「ある種の無責任(ノリ)の導入」ということが考えられます。

「やりとりの迅速さ」については、出会い系などのツールを使った「書き言葉でのやりとり」が遅々として進まない状態と比較すれば、すぐに利点として理解できるのではないかと思います。

「書き言葉でのやりとり」は、自分が届けることになる「言葉」を一度自分の外部に吐き出してから、それを眺めて読み、表現がまずいところを整える「推敲」の作業をとることができます。

また、相手から受け取った「言葉」に対しても、即座に返答するのではなく、その言葉をじっくりと読み、どのような返事を返すかをゆっくりと冷静に考えることが可能です。

こういった、届ける側、受け取る側のそれぞれの「読む」「書く」という作業によって、「書き言葉」によるコミュニケーションにはもどかしい遅れが生じます。そして、遅れのかわりに「理性」なり「冷静さ」が導入されることにもなるでしょう。

「書き言葉」によるコミュニケーションは、言葉から熱を奪うという冷たい知的な作業によって執り行われますから、セックスの情熱だけで突き進むタイプの男性にはあまり向いていませんし、セックスの情熱だけで言葉を届ける場合、乱れた言葉や失言などが、ぬぐいがたい「読み返せる証拠」として、相手の手元に残り続けることになります。

話し言葉における体温と迅速さと活かしながら冷静な態度を保つ

テレクラに代表される「話し言葉によるコミュニケーション」は、これの裏返しです。

自分が外部に吐き出した言葉は、その吐き出した言葉のまま相手にダイレクトに届き、聞き返しながらまずいところを修正するというような作業ができません。

そのかわり、「推敲」という冷たい作業が介在しないことによって、自分の発した言葉が相手に「熱」を孕んだ状態で届くことになります。また、相手から受け取る言葉もそうであることは言うまでもありません。

「推敲」の作業が介在しないということは、遅れが生じることもないということです。「言葉につまって何もいえない」ということはあるかもしれませんが、基本的には相手と自分の会話のキャッチボールが迅速にとりかわされることになるでしょう。

「言葉の温度(セックスに対する熱意)」と「迅速さ(ノリのよさ)」という二つの要素を、利点としてしっかりと活かすことができたならば、テレクラを利用している素人女性との出会いはかなり上首尾に進行していくことになるでしょう。

しかし、「とにかくヤリたい」「いますぐヤリたい」という熱意と迅速さが、言葉として相手の女性を傷つけ、抵抗を感じさせ、出会いが遠ざかるということもあるので、そこは気をつけなければなりません。

また、「話し言葉」は、その「残らなさ」ゆえの「ある種の無責任」があるのですが、それは「書き言葉」のように「証拠」として残らないというだけで、「話し言葉」というものも「書き言葉」と同じように「責任が発生する言葉である」ということは忘れてはいけないでしょう。

「話し言葉」の(冷静さや理性による修正ができないための)「言葉の温度」や「迅速さ(ノリ)」というのは、裏返すと、「失言」が多くなりやすいということでもあります。

テレクラで女性と話していると、相手の女性の声を聞きながらのやりとりと、セックスへの期待から、冷静さを失いがちです。そして、その冷静さを失った状態での発言には失敗がつきものであると考えなければなりません。

テレクラを使って「話し言葉」でやりとりをするときのコツは、逆説的かつ意外に聞こえるかもしれませんが、「冷静さ」を失わないようにして、可能な限り「理性的」であることです。

そして、その「話し言葉的ではない態度」を意識的に保ちながら、完全なる「冷静」と「理性」には落ち着かないように、「言葉の熱」をダイレクトに届け、「迅速」にやりとりをすることが出会いの秘訣なのです。

この秘訣を実践するためには、「話し言葉を使っている」という自覚と、その自覚のうえでの知的操作が必須です。

この自覚と言葉の操作がないかぎり、たんなる「無責任な熱さ」と「闇雲な速さ」という「話し言葉の弱点」に振り回されて、テレクラ女性の心を射止めることはできないでしょう。

話し言葉の特徴を活かしてテレクラで素人女性と出会うへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ