テレクラは出会いの秘境

テレクラは出会いの秘境

「なぜいまになってテレクラなのか」だとか「テレクラってまだあったのか」といった意見を多く見かけます。

一時期は社会現象にもなったあのテレクラが、現在では下火の状況にあるのは、確かに認めざるを得ません。

スマートフォンの普及や、無店舗型テレクラの登場によって、その火が完全に消えることはなく、テレクラという場所は、再び勃興の兆しを見せているのですが、出会い系などに比べて、テレクラの勢いが弱いというのは事実です。

しかし、依然としてテレクラは存在していますし、勢いは弱いものの、安定して、数々の「出会い」を利用者の男女に提供してもいます。

「なぜいまになってテレクラなのか」という問いかけに対しては、テレクラは確かに勢いは弱いが、その分、出会いの「穴場」なのだ、と答えることができるかもしれません。

テレクラは隠されている

出会い系というのは、勢いもある分、利用する男性の数もテレクラよりも遥かに多いという側面がありますが、これは「競争相手」が多い、というデメリットに繋がるものでもあるでしょう。

出会い系であれば、メールで交渉をしかけても、日々男性から大量のメールを受け取る女性によって相手として選ばれないとコンタクトがとれないということがありますが、テレクラでは、まず最初に会話による交渉があるという強みもありますね。

出会い系に比べて利用者が少ない分、競争相手が少ない状態で、女性とコンタクトをとれる可能性がより高い、というのは、テレクラが出会いの「穴場」である所以なのではないかと思います。

人がたくさん集まる出会い系に比べて、利用者の少ないテレクラでは女性の質が落ちる、というような評判もありますが、これは、「利用女性の数」という「分母」と、「質が高い女性」という「分子」で割った場合、あまり変わらない比率が導かれるように思います。

テレクラには出会いのための数多くのメリットがあるのですが、それらの知識は知る人ぞ知る、といった秘教的な性格を持っているのかもしれません。

「出会いの秘境」としてのテレクラを、テレクラ利用によって実体験として知ることは、「いまだからこそテレクラなのだ」という言葉とともに、現代テレクラを再発見することにつながるでしょう。

テレクラは出会いの秘境へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ