テレクラ・モナムール

テレクラ・モナムール

無店舗型テレクラ登場以降、テレクラは、全国47都道府県、ほとんどの場所で利用ができるようになりました。

それ以前は、大都市の中に店舗型テレクラがあるくらいのもので、主要都市と地方との間に「テレクラ格差」と呼ぶほかない状況が発生していたのですが、現在ではこのような格差はほとんどありません。

地域別に場所を選ばずにテレクラが利用できるメリットとしては「自宅の最寄り駅の女性とすぐに繋がれる」ということがまず確実にあげられます。

ですが、無店舗型テレクラの「地域別センター」の登場によってもたらされたメリット、テレクラの新しい可能性は、もちろん、これだけにとどまりませんでした。

無店舗テレクラの地域別センターを利用することによって、「旅先」での見知らぬ女性との出会いも獲得できる、という新たな可能性がテレクラに持ち込まれることになったのです。

いわば、テレクラに「旅情」が持ち込まれたというわけです。

旅先のテレクラは出会いのホットスポット

夏目漱石の『三四郎』の冒頭部分で、長距離移動の電車のなかで知り合った女性と一夜の宿をともにする、という場面があったことがふと思い出されます。

ただでさえ他人との距離が遠くなっている昨今、三四郎のように「旅先で女性と一夜を過ごす」ことはおろか「女性と会話をして出会うこと」などは、普通に生きている限り、ほとんど不可能に近いことといってよいでしょう。

しかし、地域別にセンターが置かれている無店舗型テレクラを使えば話は別です。

旅先でテレクラの最寄りのセンターを利用すれば、なんと、現代における三四郎的な状況をみずから獲得することができてしまうのです。

無店舗型テレクラの登場は、現代では不可能とされていたシチュエーションでの男女同士の出会いを、実現可能なものへと変化させたのですね。

個人的な趣味の旅行や、出張などの遠出をした際は、まずは、テレクラの最寄りのセンターを検索してみることをオススメします。

実際、テレクラでの一夜限りの関係を求めて全国で出会いの行脚をする、というようなテレクラの熱心なユーザーも存在しています。

無店舗型テレクラの地域センターを活用すれば、地方都市での一夜限りの燃えるような出会い、24時間の情事のような出会いも夢ではありません。

テレクラ・モナムールへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ