テレクラ天心

テレクラ天心

テレクラはひとつである、と私は考えます。

しかし、テレクラの理想がひとつであるにも関わらず、「出会い」を目的としたテレクラ利用、「テレフォンセックス」を目的としたテレクラ利用という二つの相異なる利用法は、それぞれのテレクラユーザーによって厳密な棲み分けが行われており、それらの二つのテレクラ利用法の間には、ヒマラヤ山脈にも比肩されうる巨大な山脈が立ちはだかっているようにも感じられます。

「出会い」という目的を持ったテレクラのユーザーが、そびえたつ山脈を軽々と乗り越えて「テレフォンセックス」という遊び方も堪能して、テレクラという遊びのすべてを統合する、というようなケースも時折見受けられますが、テレクラユーザーのほとんどは、「出会い」を目的にするにせよ、「テレフォンセックス」を目的にするにせよ、それぞれの住処がある土地に安住するような姿勢をとる閉鎖的な傾向が強く見られます。

もちろん、それらの住み分けによって、テレクラがニーズにあわせて遊びやすくなったということは確かですし、無店舗型テレクラ登場以降、プロフィールツーショットという「相手の女性のテレクラ利用目的」を知ってからテレクラ遊びが開始できるシステムが導入されたり、ユーザーの利用目的に応じた専用の番組などが用意されるにいたって、その住み分けの傾向にはいよいよ拍車がかかっています。

店舗型のテレクラを選ぶか、無店舗型のテレクラを選ぶか、という問題に対しては、もうすでにほとんどのテレクラユーザーが「無店舗型テレクラ」という答えを出してしまっているように思われますが、無店舗テレクラ優勢の状況は、「出会い」と「テレフォンセックス」の没交渉によってもたらされたものであることは間違いありません。

というのも、店舗型のテレクラというのは、「出会い」目的のユーザーも「テレフォンセックス」目的のユーザーもすべてが一緒くたになっている渾然一体とした環境を基本としていますから、「住み分け」によって目的を満たす近道が整えられている無店舗型テレクラと比べて分が悪い、使い勝手が悪いというのは事実でしょう。

テレクラの理想

実際、個室のテレクラなどを久しぶりに使ってみますと、無店舗型テレクラに慣れて目的に応じた女性とばかり繋がる経験を重ねた身には、繋がる女性のテレクラ利用目的や年齢などが極端にバラバラである雑食な回線にやや面食らうことにもなります。

私などは、「出会い」のためのテレクラは当然ながら好きですし、「テレフォンセックス」もプレイしたいという欲張りな人間ですから、個室テレクラで繋がる様々な女性に応じてその目的を変化させることに楽しみを見出すことにもなります。

ですが、「出会い」と「テレフォンセックス」というそれぞれの領域から一歩も出たくない、できれば山脈を超えたくない、というタイプの、目的が明確なテレクラユーザーにとって、様々なタイプの女性と繋がるテレクラ回線がもつある種の「越境性」というのは、歓迎しにくい厄介さを携えているのではないかと思います。

しかし、私は前述したような、「出会い」と「テレフォンセックス」の間にそびえたつ山脈を軽々と超えて統合していくような、「越境者」として自由にテレクラという環境を歩き回るテレクラユーザーの登場をこそ、現代のテレクラに期待しているように思います。

そのようなテレクラユーザーが増加し「出会い」と「テレフォンセックス」の間を自由に行き来して道を切り開くとき、山脈をはさんでそれぞれが閉鎖的になっていた「出会い」と「テレフォンセックス」という領域はそれぞれが外に開かれたものとなり、「テレクラは一つである」という合言葉とともに手を取り合うことになり、テレクラの豊かさにまた新たな一手が加えられるのではないか。

統合化されてより強化された「テレクラ」という文化は、日本だけにとどまらず、やがてはアジア全体にまで敷衍することになる、そんな「テレクラの理想」というような考えに、現在の私はとらえられております。

テレクラ天心へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ