女の子との出会いはテレクラのボーナスステージ

テレクラを利用するにあたって、どのような会話をするのがよいのでしょうか。

女の子と出会い、とにかくセックスがしたいという先走る気持ちばかりが全面に出るような会話をしていては、電話の回線はつながっていても、女の子の心とつながることはおそらくできません。

テレクラを利用するときは、電話越しの女の子の心をつなぎとめるような会話をこころがけましょう。

テレクラにおいては、結果よりも過程を楽しむ心が大事です。

電話越しの女の子との会話、その一つ一つのやり取りを楽しんでいるうちに、ふと気がついたら生身の女の子にも出会っていた、という状態がのぞましいでしょう。

生身の女の子との「出会い」という一つの結果は、テレクラでの会話という過程をくまなく楽しんだ人のもとへと、ゆくりなくついてくるものです。

テレクラを楽しむ心を持ちましょう

もし生身の肉体との「出会い」という結果がついてこなかったとしても、女の子とのテレクラという環境でしか体験できない会話の過程を思いっきり楽しんだ人には、電話を切ったあと、テレクラに電話してよかったな、女の子と楽しい時間を過ごせて最高だったな、という、ポジティブな、快い余韻ばかりが残るはずです。

そもそも、テレクラで電話がかかってきた瞬間に、それはもう、一つの「出会い」のあり方なのですから、その「出会い」に対する喜びを噛み締めて、まずは女の子との会話を全力で楽しみましょう。

生身の女の子との「出会い」という結果にばかりこだわらず、まずはテレクラでの、声だけでの「出会い」を存分に楽しむこと。

その楽しさを堪能しながら会話をするとき、電話の回線だけでつながっていた女の子とのあいだに、いつの間にか、心と心のつながりが自然発生していくのです。

生身の女の子との出会いは、テレクラを楽しんだものだけに与えられるボーナスステージだと考えましょう。

女の子との出会いはテレクラのボーナスステージへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ