テレクラで遊びをクリエイトする

テレクラで遊びをクリエイトする

テレクラの使い方に慣れてきて、テレクラの利用にややマンネリを感じてきたら、テレクラの難易度を自分であげてみるというのもちょっとした楽しい試みの一つです。

熱心なゲーマーですと、一度クリアしたことがあるゲームなどであっても、「コンテニュー禁止」「セーブ禁止」「使えるアイテムの制限」といったオリジナルルールを自分で設定して「縛り」を作り、自らそのゲームの難易度をあげて「やりがい」を改めて作り出し、さらにそのゲームをやりこんでいく、というような遊び方をします。

テレクラでも、そのような独自のルールによる創意工夫によって難易度をあげ、いわば「テレクラのハードモード」とも呼べるような状態で遊ぶことが可能です。

プロフィールツーショット登場以降、テレクラでは相手の女性の希望条件や人柄などをあらかじめある程度知った上でのアプローチが可能になり、これによって出会いは以前よりグッと簡単になりました。

しかし、その一方で、あまりに効率的なプロフィールツーショットで即アポを成功させるのは、遊びとしてやや物足りない、という意見もあります。

ユーザーのなかには、プロフィールツーショットなどを使った即アポの成功率があがっていくのに従って、逆行するように、プロフィールツーショットを利用せずに、ランダムで繋がった女性を口説き落とす、ということに楽しみを見出していくタイプもあらわれます。

テレクラで可能な様々な無理ゲーの提案

上級者以上のテレクラユーザーであるという自覚がもし芽生えたならば、テレクラのハードモードを自ら設定して遊んでみるタイミングの到来です。

難易度の上げ方はユーザーによってカスタマイズ自由ですからほんの数例にすぎませんが、テレクラの難易度をあげる方法を少しばかりご紹介しましょう。

利用したことがないテレクラの「無料体験」のポイントだけでどこまでいけるか、という制限のなかで女性を口説き落とすことにチャレンジするという遊び方はいかがでしょうか。

出会いに到達するまでテレクラを使い続け、資金がゼロになるまでに出会いに到達できなければゲームオーバーという、サドンデスのような方法も、口説きの緊迫感をあげてくれるものになるでしょう。

女性を口説くために使用していい単語を制限する、というような遊び方もなかなかユニークですね。

テレクラのハードモードをクリアできるようになった暁には、テレクラに限った話ではなく、あらゆる場所でのナンパ行為で「強者」と呼ばれる存在にレベルアップして、女性をゲットしまくれることは間違いなしです。

テレクラで遊びをクリエイトするへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ