テレクラ・チャンス・オペレーション

テレクラ・チャンス・オペレーション

女性の好みというのは十人十色であり千差万別であり、テレクラにおいては特にそれが顕著になります。

男性の顔面の分類方法として「塩顔」や「醤油顔」といったカテゴリが考案され、女性の好みを分類するにあたって、様々なバリエーションに発展しながら流行した時期がありましたが、このような分類法は、顔面だけでなく、女性に対する態度に関しても、「クール系男子」や「肉食系/草食系男子」など、様々な名称が考案され、系統別に分類分けされていますね。

テレクラにおいては、電話回線を通した「声と言葉」のみのコミュニケーションで相手の女性と接触を持ちますから、「顔」ではなくて、「女性に対する態度」が、通常のコミュニケーションにおけるルックスの意味合いを持つことになります。

ここで「この性格のアナタなら、女性に対してこのように振る舞えば、テレクラ女性はイチコロですし、確実にメロメロにできます」というような、性格分析的かつ分類型のテレクラ攻略法を、男性の態度に関して名付けられた「名称別」に簡単に提示できればいいのですが、そうは問屋がおろさない、というのがテレクラ攻略の厄介なところです。

ある女性にとっては「ど真ん中のタイプ」とされる男性であっても、ある女性にとっては「生理的に無理」になる、というくらいに、女性の男性に対する価値基準というものは、たえず、それぞれの女性ごとに揺れ動いています。

不確定性テレクラへ

あるテレクラ女性に通用して成功した方法が、別のテレクラ女性にはまったく通用しない、ということが頻繁に起こるのがテレクラの難しさと厳しさであり、面白さでもあるでしょう。

テレクラにおける出会いの交渉の場においては、「確実」な戦略や攻略法というものはありません。

もしテレクラに攻略法があるとするならば、それはおそらく「相手の女性に合わせて臨機応変に対応する」というものを挙げるくらいがせいぜい関の山でしょうが、これに関しても「臨機応変に対応したから」といって「つねに」「確実に」女性と出会えるというわけではありません。

臨機応変な対応を心がけて自分を変身させつづける身軽さが、相手の女性に軽薄で心のない印象を与えてむしろ警戒される、というケースさえも考えられるでしょう。

逆に、定型文、マニュアル、攻略法に従って、自分の臨機応変な柔軟さを抑圧し、固定化された方法に自分を寄り添わせて、仮面をかぶるようにして「方法と一体化していく」、その「過激な同調の姿勢」の戦略のみで、「必勝法の釣り針」に食らいつくタイプの女性のみを釣り上げるようにして即アポを成功させていくテレクラユーザーも存在するくらいです。

テレクラの即アポに立ち向かうにあたっては、即アポというものが、男性ユーザーの手によるコントロールから外れた場所にあり、たえず女性によってルールが書き換えられているということを知る必要があるかもしれません。

テレクラは女性ユーザーの偶然性を楽しむツールといえるかもしれませんね。

テレクラ・チャンス・オペレーションへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ