テレクラ・リアリズム

テレクラ・リアリズム

テレクラについて調べていると、「テレクラは過去の遺物ではない。現在のテレクラには、スマートフォンの普及などにより、業者だらけの『出会い系』などから逃れてきた若い素人女性が続々と集まってきている」というような記事をたまに見かけることがあるのではないかと思います。

これは完全に嘘であるとは言い切れないのですが、ちょっと話を盛りすぎているな、というのが正直な感想です。

テレクラというのは、基本的には、依然として昔からテレクラというものを使い慣れている女性の利用が大半であり、その層は「熟女」がメインになります。

それと、もう一方は、「援助交際」を希望する女性や、「割り切り」の女性。

テレクラを利用するメインの層は、ほぼこのタイプに尽きる、と断言してもよいのではないかと思います。

熟女マニアであったり、援助希望女性や割り切りの女性がアリ、というタイプの男性であれば、テレクラというのは天国のような場所に感じられることでしょう。

しかし、テレクラには「若い素人女性」がまったくいないか、というと、ごくわずかにではありますが、テレクラを利用している「若い素人女性」というのは確かに存在しています。

テレクラとは、この覆し難い「リアル」を引き受けてからが勝負です。

若い素人女性の争奪戦に勝つ

テレクラで「出会い」に到達するためのテクニックというのは、この「若い素人女性」との回線にいかにたどりつくか、そして、他のユーザーとの「若い素人女性」の争奪戦にいかに勝っていくか、ということになると思います。

テレクラは、話がやたらと長い熟女ですとか、お金なしには会ってくれない女性との回線が非常に繋がりやすいので、それらの女性と繋がった際の対策をしっかり持っておくことが重要です。

貴重なテレクラの時間を、自分の希望にかなわない女性にいたずらに奪われてしまうことを避けながら、宝石のような「若い素人女性」との回線にいかにたどりつくか。

そして、繋がった「若い素人女性」をいかに逃さずに、寸鉄人を刺すような口説き文句で即アポの交渉がしかけられるか。

テレフォンセックスではなく「出会い」を求めるユーザーであれば、この二つをおさえながらテレクラを利用するだけでも、出会いの確率がかなり変わってくることでしょう。

前述したように、テレクラの「若い素人女性」の数はゼロではありませんし、スマートフォンの普及なりで「多少は」増えてきていますし、また、そのような女性との「出会い」も決して夢物語ではない現実なのです。

テレクラ・リアリズムへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ