新しいテレクラユーザーよ目覚めよ

新しいテレクラユーザーよ目覚めよ

テレクラ初心者が、いきなりテレクラを利用するには「勇気」が必要です。

「勇気」が必要な理由としては、「テレクラが有料である」ということが挙げられるでしょう。

店舗型テレクラの時代からテレクラを利用したことがあるヘビーユーザーであれば「勝手知ったるテレクラ遊び」ですから、「いきなり課金が発生する」という状況であっても、「テレクラでどのように遊べばいいか」ということを充分に知り尽くしているため、「テレクラが有料である」ということに抵抗を感じることは少ないでしょう。

しかし、テレクラをまったく知らない、無店舗型テレクラ登場以降のテレクラ初心者にとって、「テレクラ」は、まず何よりも「得体の知れないもの」であるわけです。

「得体の知れないもの」に「お金を支払う」という行為に抵抗を感じるのは当然のことと言えますし、ともすると、「眼の前に超えられない高い壁が立ちはだかっている」という感覚にさえなるのではないかと思います。

勇猛果敢で物怖じしないタイプであれば、未知の体験に胸を躍らせ、課金も恐るるに足らず、ブレーキが壊れた車よろしくいきなりテレクラ利用を開始できるのかもしれませんが、ほとんどの初心者は、そのような「生粋の冒険者タイプ」ではないでしょう。

「テレクラが有料である」というハードルから、初心者がテレクラの登録や利用に二の足を踏んでしまい、テレクラを使わないままに一生を終えてしまうという状況、「テレクラユーザー」が誕生するまえにテレクラの前から去ってしまうという状況は、テレクラ運営側としてもあまり好ましい状況とは言えません。

その状況を打破するためにテレクラ側が用意したのが、「無料体験」のサービスに他なりません。

この神の一手ともいえる「無料体験」のサービスが実施されることによって、テレクラ未体験の初心者が抱く最初の心理的ハードルが大きく取り除かれることになりました。

テレクラの「無料体験」は、登録と同時に「お試し」で遊べる分のポイントがユーザーに配布されるシステムで、「まあ、テレクラってこんな感じの遊びだから、もし気に入ったらでいいから、課金して使ってみてよ」というゆるやかな判断の余地をテレクラユーザーに与える役割を担っています。

まさに「百聞は一見にしかず」といったところで、「無料体験」でテレクラを「お試し」で遊ぶということは、テレクラに関する文献を大量に読み漁ったり他人の体験談を聞くことよりも遥かに雄弁であり、テレクラという場所を「全身で理解する」ことになります。

そびえたつ壁、とても乗り越えることができないと感じていた高いハードル、経験者に何度「身構えるほどのものではない」と言われ続けてもにわかに信じられなかった巨大な障害が、一回の「無料体験」を通過することですべてなくなり、そこが平地であったことに気付かされます。

ここまで読んで、勘の鋭い方ならすでにお察しの通り、「テレクラの最初の利用」というのは、「童貞がはじめて挑むセックス」に似ているといえるでしょう。

テレクラ童貞の喪失を反復する

ここで重要なのは、「童貞がはじめて挑むセックス」には「お得な無料体験」などというものが用意されていないということです。

「とりあえず無料で先っぽだけでも挿入していいよ」なんて言ってくれる天女のような女性は、そうあまりはいませんからね。

ところが、テレクラは違います。

テレクラの場合は、いわば「テレクラ童貞」とも呼べる存在に、「テレクラという未知の女性器」に挿入するということがどういう体験なのか、ということを、必ず「お試し」で体験させてくれる機会を与えてくれます。

とはいえ、「無料体験」は結局のところ「さきっぽだけの挿入」でしかありませんし、基本的に、その体験できる「時間」も限られています。

利用するテレクラによって「無料体験」の「時間」の増減はありますが、初心者が、「満足のいく濃密な性体験」や「痙攣的な快楽の領域」まで持っていけるほどの「ゆったりとした時間」のある「無料体験」はほとんどないといってよいでしょう。

テレクラの「無料体験」を利用する際は、まずは、限られた時間のなかでテレクラの感覚を掴むこと、テレクラという場所のシステムを把握することが何よりも重要となります。

「本物の女性器って、こんな形、こんなにおいで、こんな感触なんだ」という実質を知ること、そこからセックスの「探求」がそれぞれ始まるのと同じように、テレクラにおける「探求」もまずは「無料体験」から始まります。

「無料体験」は、ひとつのテレクラの登録ごとに「一回きり」となっています。

しかし、最初の「一回目」に失敗したとしても、落胆したり自信をなくす必要はありません。

テレクラサイトごとに用意されている「無料体験」を周遊するならば、課金ゼロの状態でも、かなりの「体験」を積むことが可能になります。

場所を変えて、執拗な、先端の挿入という「一回目」の反復練習ができるのが、テレクラの「無料体験」の魅力であります。

そのような反復を経たテレクラユーザーは、もはや、性行為でたとえるならば「膣穴と尻穴を間違える」というような初歩的なミスを、テレクラで犯すことはまずありえません。

おそらく、堂々たる自信とともに、悠然と「テレクラ遊び」という穴に雄渾な陰茎を差し込む巨大なテレクラユーザーへと変貌していることでしょう。

新しいテレクラユーザーよ目覚めよへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ