虐げられたテレクラ女性たちの声に耳を傾ける

虐げられたテレクラ女性たちの声に耳を傾ける

テレクラについて書かれている言葉というのは基本的には男性向けのものが中心であり、男性の視点から導き出されたテレクラ言説が支配的な空気を作り上げています。

それがテレクラに関するテクニックについての文章であれ、テレクラの体験談であれ、テレクラについて書かれる言葉というのはきわめて男根主義的な性格を持っています。

テレクラというものは「女性」の存在なしには決して成り立たないものであるにも関わらず、そうでありながら「女性」という存在がたえず男性ユーザーによって蔑ろにされているような状況が続いているのが、またテレクラの現状でもあるわけです。

テレクラに新規女性ユーザーを獲得していくためには、テレクラについて語られたり書かれたりして、「テレクラ」という言葉が広く流通している状況をまずは作り出す必要があるのですが、「テレクラについての言葉」というものが仮に語られ、「テレクラ」という言葉が奇跡的に流通するとしても、それが男根主義的な言説とともに流通してしまった場合、女性たちの新規参入はのぞめず、性的にわがままな男性ユーザーの増加しかのぞめないのではないか、という悪循環だけが見えてきます。

では、男根主義的ではないテレクラ言説とはどのようなものが考えられるか、というと、途方に暮れてしまうばかりで、女性的なテレクラの言説がどのようなものになるのかについては、まるで手がかりが見えません。

あるいは、女性的なテレクラ言説の登場は、「テレクラ」それ自体を破壊するようなものでもあるのかもしれません(それもまたテレクラの宿命であり、それで壊れるのであれば壊れてしまってもよい、というのが私の個人的な意見)。

前回は、「テレクラ」という言葉を巡って、「テレクラ」がそのような袋小路に迷い込んでいることを見出し、まさに「途方に暮れた」、その立ち尽くした地点で、思考停止するようにして筆を置く結果となりました。

一応の展望としては、男性ユーザーが「テレクラを使って女性化する」、「テレクラについて書くことを通して女性化する」という道を指し示し、「性器的な意味ではない男性」と「性器的な意味ではない女性」の「出会い」の場所としてのテレクラ、というヴィジョンを提示しましたが、これはいささか理想論が過ぎるというものでしょう。

まずは、テレクラというものを巡って、テレクラを利用してきた「女性」という存在が、「テレクラを利用する男性」に向けてどのような言葉を放ってきたのかを、消滅と散逸を繰り返し、また、男性たちによって「黙殺」されもしてほぼ収集不可能にさえ思える「テレクラ女性たち」の残存する言葉から見出していくのが必要であるようにも思われます。

わずかながら発見される「テレクラについての女性側からの言葉」において、現在、主要な語り手となっているのは、当然ながら、テレクラの主要な利用層であるところの「初老の女性」、「欲求不満の肥満女性」、「モンスター系女性」、「割り切り・援助系女性」といった女性たちにほかならないでしょう。

テレクラを利用する女性たちをこのように分類することや、用語それ自体が「男性」の視点から導き出されているわけですから、まずは、女性たちにまつわるこのような言葉を使わなくするところから、テレクラ言説をやりなおさなければならないだろうとは思います。

しかし、それを重々理解した上で、今回の記事ではあえてこれらの男性視点の用語を使うことになるのですが、それは、テレクラの女性的な言説というものの一端を知るために、まずは、これらの女性のそれぞれの立場からの言葉に耳を傾けなければならないと考えているからです。

「初老のテレクラ女性」が語る「テレクラ」についての言葉。「欲求不満の肥満テレクラ女性」が語る「テレクラ」についての言葉。「モンスター系テレクラ女性」が語る「テレクラ」についての言葉。「割り切り・援助系テレクラ女性」が語る「テレクラ」についての言葉。それらの言葉は、それぞれの立場からの違った「女性」を語ることになるでしょう。

こういった女性の言葉たちにテレクラユーザーの男性は耳を塞ぐようにしてきたのであるし、極力見ないようにしてやってきたのではないでしょうか。

テレクラ女性たちの言説の傾向の一部

テレクラを利用する女性たちの言葉を網羅的に把握し、数多く触れてきたわけではありませんし、細かく見ていくとそれぞれの立場に違いがあるのですが、そのわずかな手がかりから見出したものを書くとするならば、彼女たちの言葉は「テレクラを利用することによって男性に傷つけられた」という告白、あるいは「テレクラを利用する男性たちの、男性としての問題点」の批判、という二つに大きく分かれるような印象があります。

「傷つけられた」という体験告白としては、自分の年齢や見た目などの特徴を「口汚く罵られ」たり、待ち合わせをすっぽかされたり、「風俗と違って無料でやれるのがテレクラ」というような言説を信じ切っているテレクラ男性に性的に粗雑に扱われた体験などが多く寄せられている傾向があります。

「テレクラ男性の批判」は、それらの「傷つけられた」体験から導き出されたテレクラ男性不信というような内容が中心となるので、前述した体験告白とセットで「だから、テレクラの男性はもう駄目なのだ、近い内に、テレクラからは女性がすっかりいなくなり、男性ユーザーが残されるばかりになるのだ」という結論に導かれるものが多い印象です。「セックスがしたいがために年齢詐称などをするテレクラ男性」だとか「不潔な見た目のテレクラ男性」への批判なども見受けられます。

注目に値するのは、テレクラを長く使い続けている年季の入ったテレクラユーザーの女性が、「近い内にテレクラからは女性がいなくなる」ということを予言しているということです。

これは、「自分たちのような存在」が去っていく、ということだけを指す言葉として考えないほうがいいでしょう。「これからやってくるかもしれないテレクラ女性も、その男性本位な考え方によるテレクラ利用によってことごとく失うことになる」という、テレクラ女性からの最後の忠告として受け取るくらいがちょうどよいのではないか、と私には思われます。そのような彼女たちからの最後の忠告が、今後のテレクラの危機について考えている私の懸念と重なりあうものであることにも驚かされます。

男性は男性本位のテレクラ言説を変わらず撒き散らし、またそれらの言説に則った行動で動き続け、かたや、テレクラ女性は、そういったテレクラ男性に傷つけられたことへの復讐であるかのように、テレクラの終焉をあおりたてるような告白や忠告の言説を選び取り、きたるべき女性へメッセージを遺しながら去っていく。

「テレクラ」というものが現在のままであるのであれば、男/女双方の立場からの「テレクラを貧困化させるためだけの言葉」だけが増加していく一方であるように私には思われます。その「テレクラを貧困化させるためだけの言葉」を、テレクラ男性は自分の欲望の言葉として、女性は女性を尊重しない男性たちを積極的に攻撃して孤立させるための言葉として放つわけです。

こう考えていきますと、暗澹たる想いにとらわれるばかりなのですが、虐げられたテレクラ女性たちからの言葉として、テレクラユーザーの男性にまつわる好意的なものがまるでないわけではありません。

その肯定的な言説においては、「生中出しセックス」のためなら女性をどのように失礼に扱ってもよい、というような雰囲気がまるでないテレクラ男性、何十人と回線が繋がり精神が摩耗していくなかでわずかに出会うことができる宝石のようなテレクラ男性との、夢のように優しい時間が語られています。

それまで舌鋒鋭くテレクラ男性を批判をし、その悪行を暴露していたテレクラ女性たちが、うっとりと口を揃えて「あのような素敵なテレクラ男性と出会えたことが忘れられない」というときの変わりようには面食らうものがあるほどです。彼女たちが、「忘れられないテレクラ男性」という一縷の望みにかけてテレクラを利用しているということは明らかです。

テレクラ女性たちの肯定的言説から見えてくる「忘れられないテレクラ男性」の像を結んでいきますと、「テレクラを利用することによって女性化したテレクラ男性」という星座が見えてくるように思われます。

現存するテレクラ女性からのテレクラにまつわる言説を見回していると「もうテレクラは駄目なのではないか」というような気持ちになることも確かです。ですが、彼女たちがわずかに漏らす「肯定的な言説」に触れる瞬間には、これからのテレクラユーザーの規範のようなもの、「女性たちのための」書くべきテレクラ言説のヒントが滲み出てもいるわけです。

当然ながら、おそらくテレクラ男性にとっては耳が痛い話であろう「傷つけられた話」や、男性ユーザーの批判といった、「否定的な言説」に対しても、それらを無視するのではなく、それらを真剣に自分の問題として受け止めて考え直していく必要があるでしょう。テレクラ女性の体験談を見て激昂する男性などもたまにいますが、こういった逆ギレの姿勢などは、もってのほかです。

テレクラを利用する女性たちの声に耳を傾けて、彼女たちの言葉について考えていく。これはもっとも簡単に始められる「これからのテレクラ」のための攻略法に思われますし、そこから導き出された、男性/女性双方からの「肯定的言説」の増加だけが「これからのテレクラ」を少しずつ明るくしていくはずです。

虐げられたテレクラ女性たちの声に耳を傾けるへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ